実はたばこを吸うことはコレステロール値にも悪い影響を与えていた!?

たばこが原因の人体に与える悪影響の一つにコレステロールも含まれる

たばこを吸うとコレステロールが増える?

コレステロール、特に悪玉と呼ばれるldlコレステロールは健康に害を及ぼしますが、食事制限や有酸素運動、サプリメントによってコレステロールを下げられます。

 

しかし、その他の生活習慣でさらにコレステロールを上げるものがあることは意外と知られていません。その1つはたばこです。食生活や運動を適度なバランスに保っていて、体質的にも問題がなかったとしても、たばこを吸っているだけで悪玉コレステロール値の割合が上昇することが多々あるのです。

 

喫煙していてコレステロール値が高いと診断されたことがある方は、注意が必要です。

 

たばこに含まれる成分はコレステロールに影響を与えるものが多く含まれています。たばこを吸うことによって中性脂肪が増加するものと言われており、その結果善玉コレステロール(hdlコレステロール)が減少することが証明されています。

 

つまり、仮に総コレステロール値が正常であったとしても、悪玉コレステロールと言われるldlコレスレロールを抑える善玉コレステロールの割合が減ってしまうことで、動脈硬化のリスクが格段に上がってしまうのです。さらに、副流煙は悪玉コレステロールを酸化させ、変性ldlに変換してしまうことによって、またしても動脈硬化を助長させてしまいます。

また、ニコチンで血管が収縮し、血流が悪くなることによって、ただでさえ血管が硬くなって滞っている血流をさらに悪化させます。このように、たばこはコレステロール値だけではなくさまざまな形で体調に変化をもたらし、病気の危険性しか高めないわけです。

 

今喫煙している方は、できれば即刻禁煙することをおすすめします。たばこは悪玉コレステロールを増やすだけではなく、体内の必須栄養素であるビタミンを減少させるといった影響もあります。健康に気を遣うならまず禁煙からと言っても過言ではないでしょう。

シェアする