年齢とともに増加する中性脂肪

中性脂肪への意識は、特に中高年以上の年齢で高まる傾向にあります。

飲酒や喫煙を好む人が多く、さらには運動量も年々低下が見られるため、基準値を越えるケースが多く見られるのです。過剰に増えた中性脂肪は、悪玉コレステロールの増加を促し、血の流れを悪化させます。

血管壁にできたわずかな傷にも溜まりやすい状態であるため、動脈硬化に伴ったさまざまな病気をも引き起こしかねません。

また、年齢と共に増加する傾向とは反対に、年々改善が難しくなる点も、中性脂肪の特徴です。運動量や新陳代謝機能が低下することによって、血中脂質を燃焼することが難しくなるためです。

そうした体質の変化も踏まえた上で効果が期待できる方法としては、食事による対策が挙げられます。

糖や炭水化物に偏った、中性脂肪の生成に繋がる食べ物を避け、同時に、DHA・EPAと言った有効成分を含む、サバ・イワシ・アジなどの、青物魚を進んで摂るようにしましょう。

これらはそれぞれ不飽和脂肪酸・ベータ3脂肪酸の一種であるため、悪玉コレステロール値を下げる作用を活かし、血流の改善に役立てることができます。

しかし、食事量も衰えがちな高年齢世代ともなると、そうした食事面での対策も容易ではありません。
その点、サプリメントなら、食欲に限らず手軽な摂取が続けやすくなるため、重宝します。

もちろん、中高年、そして若い年齢においても、気兼ねなく健康管理に役立てることができます。
カプセル・タブレット・ドリンクなど、形状も多岐にわたります。

続けやすいタイプを選んで、快適な人生に繋げて下さい。

シェアする