コレステロール

そもそもコレステロールって何?

悪玉コレステロールやLDLを体に溜め込むのは危険!

そもそもコレステロールって何?

コレステロールとは、体内にて合成される有機化合物であり、生体において重要な役割を果たすものです。体の各組織を形成する細胞膜を形成するために必要不可欠な物質であり、肝臓で生成されるステロイドの一種です。

コレステロール自体はなくてはならないものであり、必ずしも悪さをするわけではありません。その中で善玉(hdlコレステロール)・悪玉コレステロール(ldlコレステロール)が存在しますが、このhdl(善玉)・ldlコレステロール(悪玉コレステロール)という名称がコレステロールの種類を指すものではありません。
善玉(hdlコレステロール)のhdl、悪玉(ldlコレステロール)のldlとは、それぞれ脂質とその輸送を行うために必要なアポタンパク質が結合したリポタンパク質のカテゴライズです。

つまり、物質自体に違いがあるわけではなく、それら脂質がどのような結合を見せるかによって役割自体が変わり、その結果悪影響を及ぼすか否かが変わってくるのです。
脂質の高い食事を摂ると善玉・悪玉コレステロールともに血中値が上がるという認識が一般的にあるようですが、これは正確ではありません。実際に血中値の実に8割は体内で合成されたものです。

つまり、純粋に食品から摂取しているものは血中値の2割程度であり、摂取そのものが直接影響を及ぼしているわけではないのです。
コレステロールを蓄積してしまう食事とは、体内にてコレステロールの合成を促進させる成分を多く含んだものであって、摂取する食品そのものではないというわけです。

悪玉・善玉・LDLってなんだ?

前述のとおり、善玉(hdlコレステロール)・悪玉コレステロール(ldlコレステロール)とは、それぞれの質の違いを示すものではありません。では、hdl(善玉コレステロール)・ldlコレステロール(悪玉コレステロール)の違いは何かというと、それぞれ脂質と脂質を血中にて運搬するために必要なアポタンパク質が結合したリポタンパク質の名称の違いです。リポタンパク質は、それぞれの比重の違いで分類され、ldlは低比重リポタンパク、hdlは高比重リポタンパクとも呼ばれます。

善玉・悪玉コレステロールに分かれる理由とは、リポタンパク質になったときにそれぞれの役割が変わるためで、血中にてコレステロールの運搬ルートが異なると言われています。
2つのリポタンパク質のうち、ldlコレステロールは肝臓から血中に入り、体内の末梢に向けて送られます。一方、hdlコレステロールは逆に末梢から肝臓に帰ってくるルートを担っているとされており、こ

の違いが善玉・悪玉コレステロールの大きな違いになるのです。

肝臓から体の末梢に運搬するldlコレステロール(悪玉コレステロール)は、徐々に細くなる血管に流れていくため血管内に蓄積しやすく、hdlは逆に末梢から肝臓に運搬する過程で蓄積したldlコレステロール(悪玉コレステロール)を回収しながら流れていくと言われています。

さらに、ldlコレステロールが酸化などの変化を起こし変性ldlになることで、ldl受容体に受け入れられなくなった結果、血管内皮に蓄積して変質を起こすことがわかっています。そのためldlコレステロールは悪玉コレステロールと呼ばれ、血中の役割としてこれらldlコレステロール(悪玉コレステロール)を回収し、血管内を浄化するhdlコレステロールは善玉と呼ばれるのです。

コレステロール下げなきゃどうなる?

血中のコレステロール値のうち約8割は体内で合成されるものです。つまり、食事においてそれらを多く含むものや合成を促進させるものを摂取することも数値上昇の原因ではありますが、もともとの体質や何らかの疾患によって血中値が上がっている可能性があるのです。

毎日の食生活に気を付けることも大切ですが、血中値が高かったときにまず注意すべきは、体内にそれらの数値を上げる疾患を持っていないかという点です。高コレステロール血症などの脂質異常症と言われる疾患によって血中値が上がっている可能性があるため、注意が必要です。
特に問題視されるのは、ldlコレステロール(悪玉コレステロール)の割合が高い場合であり、前述のとおりldlコレステロール(悪玉コレステロール)が酸化などの変化を起こして変性ldlになるリスクが高くなるためです。血中コレステロールはldlとhdlのバランスが大切であり、そのバランスが崩れてしまうことで変性ldlによる動脈硬化を引き起こす原因となり得ます。これが、ldlコレステロールが悪玉コレステロールと呼ばれる所以です。

ldlコレステロール(悪玉コレステロール)が引き起こす動脈硬化自体は疾患そのものではありませんが、血管の柔軟性が失われてしまうことで血流が格段に悪化し、虚血性心疾患や脳梗塞など重要な部分の疾患を引き起こしてしまうリスクが飛躍的に跳ね上がってしまいます。ldlコレステロール(悪玉コレステロール)が元で起こってしまうこれらの疾患は、最悪の場合死に至ることも充分考えられ、治癒したとしても重篤な後遺症を残すことが非常に多くあります。
このように脂質の高い状態を放置しておくと、血管の不調を引き起こすところから最終的には命を落とすことにもなりかねないのです。

ldlコレステロール(悪玉コレステロール)を含めた脂質が高くなる原因としては食生活や運動不足などの生活習慣も考えられますが、前述のような疾患の可能性も多大にあります。そうなると自身でコントロールすることが難しくなるため、医療機関にて脂質異常症の治療が必要となります。
医療機関のお世話にならないように、事前にサプリでコレステロール対策をしましょう!

チェックポイント

コレステロールは体内になくてはならないもの
コレステロールには善玉と悪玉がある
悪玉コレステロールの割合が高いと動脈硬化などの疾患の引き金となる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


ランキング


おすすめ記事


ピックアップ記事

  1. 高コレステロール血症の詳細な説明と効果的なDHAの紹介

    高コレステロール血症の詳細な説明と効果的なDHAの紹介

    高コレステロール血症とは?血液中に含まれる各成分の数値に何らかの異常がある場合、…

ピックアップ記事

  1. 白色脂肪細胞と褐色脂肪細胞
    細胞の種類を知ることで中性脂肪をより理解する
    脂肪細胞の種類について私たちは食事を摂ることによって活動エネ…
  2. DHAサプリ効果で中性脂肪を効率よく下げる
    DHAサプリ効果で中性脂肪を効率よく下げる
    DHAサプリの効果とは中性脂肪は、健康に悪影響を及ぼす、血液…
  3. なぜコレステロールを下げないといけないのか
    悪玉コレステロールを下げることが健康への第一歩
    悪玉コレステロールの値を下げていつだって健康な体を維持なぜコ…
  4. コレステロール減退に効く運動
    運動を日課にしてコレステロール値を正常な状態へ
    コレステロールを減退するために効果的な運動方法をご紹介します…