中性脂肪を下げるためには避けた方が良い食品があります

避けるべき食品をなるべく摂取しないことでより効果的に

中性脂肪を減らそうとするとき、運動や早寝早起きは大切です。しかし、必要なのは、中性脂肪の減少の妨げとなる食品を摂らないことです。血液中の中性脂肪は、食品から摂るものと肝臓で生成されたものがあります。その中でも食品から中性脂肪を摂りすぎないよう、避けたほうが良い食品があるのです。

これから新たに摂取する中性脂肪を体内から減らして、貯まっている中性脂肪をエネルギーとして活用できるようことがポイント。中性脂肪を減らす最も早い方法は、どのような食事を摂らなければ良いか知ることです。

中性脂肪ダウンの妨げとなる食品

脂肪が多く含まれている食品や糖分が多い食品は、中性脂肪を摂取してしまいます。そういった食材や食事は揚げ物やベーコン、チョコレートやバターなど多くの方が「健康の為に避けたほうが良い食品」として認識しているでしょう。この食材はすべて、新たに中性脂肪を食品として摂取してしまう食材です。

また、体内へ入るものとして中性脂肪の生成を促すものもあります。それがアルコールです。アルコールは肝臓で分解されますが、肝臓で分解されると、中性脂肪を作り出します。飲酒するだけで中性脂肪が貯まっていくと言っても過言ではないのです。

そこで、過度なアルコールも避けるべきだと注意喚起が行われています。禁酒節酒などの言葉がありますが、中性脂肪ダウンを本気で考えている方はアルコールを摂取しないに越したことはないのです。

ポイント

・中性脂肪を下げるには食事を改善する
・中性脂肪は食事の改善だけでは下がらない!?
・中性脂肪に効く食材とは
・中性脂肪をダウンさせる際に避けるべき食品
・外食時に注意したいこと

 

シェアする